近いうちに太陽電池事業も組み込まれるかも?

よりコストダウンした電池技術が自動車メーカーの命運を握る

ボルトは、電気で走れる距離が長い(64㎞)プラグイン・ハイブリッドです。ただし、プリウスがエンジン主体のハイブリッド車とすれば、ボルトはモーター・電池が主体の、すなわち電気自動車としての特徴が前面に出たハイブリッド車といえます。もちろん、家庭のコンセント等の外部電源による充電が可能です。ボルトには16kWhのリチウムイオン電池が搭載されています。この電力は、一般家庭であれば1日から1・5日で消費する量です。これは三菱自動車のiMiEV(軽自動車)の電池の電力と同じです。

ちなみに同じ軽自動車の富士重工業のRleは9・2kWhです。この電池によるボルトの電気自動車としての航続距離は、40マイル(64㎞)です。iMiEVは160㎞、Rleは80㎞ですから、ボルトの航続距離は、16kWhという電池搭載量にしてはだいぶ少ないといえます。プリウスは、エンジンがタイヤを駆動する一方で、電池を充電しモーターに電気を流してモーターでもタイヤを駆動します。これは、シリーズ・パラレル型と呼ばれます。また、シビック・ハイブリッドやインサイトは、エンジンはタイヤを駆動するだけで、ほとんど充電しません。

電池は制動エネルギーを使った回生ブレーキで充電されます。これはパラレル型のハイブリッドです。一方、ボルトは電気動力だけで走ります。そのためにモーターは150馬力と高出力です。ちなみにプリウスの場合は、1・5リッターのエンジンの最高出力が76馬力、モーターが68馬力、システムで110馬力です。ボルトは、プリウスよりも動力性能が高く、活発に走りそうです。ボルトのエンジンの排気量は1・4リッターです。ミシガン州に400億円をかけてエンジン工場を新設するということですから(完成は2010年12月の予定)、GMのボルトにかける意気込みが伝わってきます。
乗り始めてもう少しで10年経とうという車を車買取が高値なその場で査定カイカイなら、廃車になるかと思っていた車を想像以上の高値で買い取って下さるということで、本当に良かったです!
家族会議の結果、車 売ることが決定しました。そんなに使わないのに維持費が厳しいですし、売れば少しでもお金が戻ってくるので、これは売ったほうがいいという判断です。
いまは、海老名市にある工場 アルバイトで住宅につかう資材の仕分け、ピッキングの仕事をしています。輸入雑貨の検品の仕事もあり、任させる仕事は日によって違います


新着記事
2015/01/01 おすすめ記事を更新しました。
2014/12/28 新着記事を更新しました。
2014/12/27 販売のキーを更新しました。
2014/12/24 太陽電池事業の取り組みを更新しました。
2014/12/22 革新的な自動車を更新しました。
2014/12/20 エンジンと電池を更新しました。
2014/12/19 よりコストダウンした電池技術が自動車メーカーの命運を握るを更新しました。
2014/12/16 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
Web自動車手続きミニガイドカーセンサーNetT-UP
自動車を中古車販売に売却する際に必要となる書類や手続き等について説明しています。カーセンサーNetでは複数の買取店の見積もりを比較できますので、より高い金額での売却が可能です。トヨタの買取ネットワーク。トヨタならではの安心と信頼が特徴。トヨタだけではなく全メーカーに対応。